省エネ住宅ポイントで賢く運用【右脳と左脳フル回転取引】

モダンデザインの住宅

おすすめコンテンツ

空き家の問題

現在日本には多くの空き家があり、中古物件が非常に多いという状況があります。大幅な値下げが続いており、中古マンションの場合、新築よりもだいぶ安価で購入を行うことができます。リフォームを行うことで新しくすることができます。

詳しく読む

中古物件の価格

これから併用住宅を建てるという場合はしっかりとランキングをすると良いでしょう。まずはこちらのサイトを活用することが重要になってきます。

人気のある地区に集中しています

長きデフレーションの期間、不動産価格は下落の一途を辿り、中古マンション価格も同様に下落してきました。ようやく不動産価格が落ち着いてきており、人気地区の物件は上昇傾向にあります。 ここ数年は新築マンションの販売が活況となっているため、中古マンション市場は厳しい状況にあります。新築マンションの中でも特に人気の高いタワーマンションなどには億ションと言われる物件も増えており、そうした物件にも買い手がついている状況です。 中古マンションは5000万円以下の物件が多く、1000万円、2000万円台の物件が中心となっています。中古マンションの中でも新たに人気になっているのが、リノベーション済みのマンションです。まったく新たな発想でリノベーションされた物件は、特に若い世代に人気となっており、このような物件はプラスアルファの付加価値がついています。

今後は二極化の傾向に

中古マンションの価格は、今後はますます二極化の傾向にあります。一つは立地地区による二極化です。人気のある地区や人口増が見込める地区については上昇傾向にありますが、そうでない場合は現状維持も難しい状況です。 同じ地区であっても、タワーマンションと通常のマンションでも二極化が進み、人気の高いタワーマンションの上位層の価格は最も上昇すると考えられています。 また、デザイナーズマンションや、リノベーションマンションなども特定の顧客に人気化していますので、付加価値がついており上昇傾向にあると考えられます。 こうしたマンション以外の中古マンションは、人口減少が進む状況では上昇していくのは難しく、二極化傾向は避けられないと考えられています。

理想の暮らしが実現しますよ!福岡の一戸建て情報はコチラで確認することが出来ますよ。綺麗な住宅を手に入れましょう。

TOPICS

間取りを決める

注文住宅で一番の魅力は好きな様に間取りを自分で決めることができる事です。特にキッチンは家を建てる上で重要になります。多くの新築住宅がキッチンの使いやすさを考慮してキッチンのデザインが行われています。

詳しく読む

チエック項目

物件をチェックする際に、ある程度項目ごとにメモを作ると比較しやすくなります。インターネットや物件情報誌も多くの情報が記載されています。家の条件だけでなく、入居後のサポート等を考えることも大切です。

詳しく読む

東京の中古物件

東京で物件を探す際は、中古マンションも検討を行うことが大切です。新築よりも安く購入することができるので、現在多くの人に注目を集めています。耐震性の問題や、リフォーム等を考えることで安く購入することができます。

詳しく読む

家具付きの住宅

賃貸住宅には予め家具や家電が付いており、すぐに生活を行えるような物もあいrます。敷金や礼金の支払いも不要で、様々なタイプの物件があります。インターネット上でも情報を多く知ることができます。

詳しく読む