省エネ住宅ポイントで賢く運用【右脳と左脳フル回転取引】

間取りを決める

キッチンのプランニングの主導権を握るのは

注文住宅のプランを考える中で、一番大切と言われていることは間取りを決めることです。 中でも、キッチンを決めることはとても重要とされています。注文住宅のプランを考える時、キッチンのプランニングの主導権は、奥さんが握っていることがほとんどと言われています。 使いやすいキッチンを願う奥さんは多いですが、どう言うものが使いやすいか分からないと言う声も聞きます。推奨されているシンクや冷蔵庫の配列がありますが、それはあくまでも一般論です。誰にでも使いやすい配列と言うわけではありません。また、広すぎるキッチンは意外と使いにくいです。手を伸ばせばある程度のものが届くキッチンの方が、使い勝手はいいと考えられています。

キッチンにパントリーを設ける

最近の注文住宅を見てみると、キッチンがアイランド型やペニンシュラ型であることがかなり多いです。現在のトレンドと言うこともあり、たくさんの人が希望します。しかし、他にもU型やL型もあります。それらの特徴も知った上で、どう言うキッチンがいいか考えることです。アイランド型やペニンシュラ型のキッチンは、設置するには他の型のキッチンよりも工事費が高くなります。よく考えて選ぶようにしましょう。 また、最近の注文住宅ではキッチンにパントリーを設けることもポピュラーになってきました。パントリーは食品をストックしておくためだけの場所ではありません。たまにしか使わない調理器具や食器なども一緒に収納しておくと便利です。